トップ > ドクター斎藤プロフィール

日本機能性医学研究所公式サイト

斎藤 糧三プロフィール
医師/日本機能性医学研究所所長。
1973年生まれ。更年期障害の女性に対してテストステロンを使用、自律神経調整療法のパイオニアであった斎藤信彦(医学博士)の三男。1998年、日本医科大学卒業後、産婦人科医に。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、「機能性医学」の普及と研究を推進するため「日本機能性医学研究所」を設立(2009年に法人化)。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を白澤卓二先生とともに設立、副理事長となる。同年より「ナグモクリニック東京」アンチエジング・機能性医学外来医長に。2016年、日本で唯一のソアラαを用いた全身温熱医療施設「サーモセルクリニック」院長に就任(http://thermo-cc.com)、また「ジェネシス遺伝学研究所」機能性医学外来担当医に。
著作・監修本に「サーファーに花粉症はいない」(小学館)、「慢性病を根本から治す『機能性医学』の考え方」(光文社新書)、「糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる! ケトジェニックダイエット」(講談社)、「栄養素、効能、おいしい食べ方がわかるスーパーフード辞典BEST50」(主婦の友 実用No.1シリーズ/監修本)、「がんになって、止めたこと、やったこと」(主婦の友社/監修本)、他多数。
■所属学会他
米国The Institute for Functional Medicine 認定医
一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会 副理事長
日本再生医療学会 認定医
日本抗加齢学会 会員
分子状水素医学生物学会 賛助企業会員
その瞬間瞬間で最適なアドバイスを、そのとき必要としている方々に

「病は生活習慣で起こる」というのは、今や誰でも違和感なく納得できる言葉です。なのに、「病は生活習慣で治る」と言うと「いや、薬や手術じゃないと治らないのではないか?」と思い、生活習慣を変えようとしない方が多いのです。

生活習慣の近代化は、感染症リスクや飢餓リスクを低くし、人類史上、驚愕の寿命倍増を達成させました。ところが、がんや生活習慣病は増える一方。現在の医療が十分な効果のないことは、多くの疾患が治癒せず医療費だけが伸びていく現状からもわかるでしょう。

近代医療の黎明期、抗生物質で感染症を治療しているときの医療は万能のように見えたかもしれません。今日では感染症のように薬だけで治る病気は、衛生の向上で減少しました。一方で薬を使っても治らない、ただ治療を継続するほかなく慢性化する病気が増加し、医療費の80%がそれらの治療に当てられ、国家の財政をも脅かす状況になっています。

2006年、私はアンチエジング学会の仕事で、米国の学会に参加した際、機能性医学を提唱する医師に出会い、既存の医療が「古典的」と思えてしまうほどの差を感じました。同時に「これでやっと医者としての仕事ができる!」と思ったことを覚えています。

私は生来アレルギー体質で、小児期よりアトピー性皮膚炎を患っていました。アトピー性皮膚炎は、①腸内環境異常による遅発型フードアレルギー、②先天的な皮膚のバリア機能障害、この2つが根本原因をなしています。しかし、現在行われている「標準的な治療」は、これらに対する根本的な対策を行っていません。アトピー性皮膚炎が難治で慢性化する理由はそこにあります。

私が専門とする機能性医学のアプローチを用いれば、そうした慢性的なアレルギーも解決策を見いだすことが可能なのです。

斎藤糧三と日本機能性医学研究所は、機能性医学をベースにその瞬間瞬間で最適と考えられるアドバイスを、必要とされている方々に広くお届けすることを目的に活動しています。

日本機能性医学研究所 所長
斎藤糧三