トップ > 機能性医学とは

機能性医学とは

機能性医学、健康のための5つの要素

健康を支えるもの

5つのライフスタイル要素は、本人の努力で改善することができます。病気は医者が治すのではなく、患者本人が治すものであるというのが機能性医学の考え方です。

現代の医療は「対症療法」が中心です。新薬が開発されるたびに新しい病気が生まれているとさえ言われています。

機能性医学(Functional Medicine)は、現代医療のアンチテーゼとして生まれた考え方。1990年にアメリカのジェフリー・ブランド(Jeffrey Bland)博士によって提唱された「基礎科学と臨床医学を融合した、慢性疾患の治療モデル」です。翌年に米国で機能性医学会が設立され、その後、多くの学者に支持、研究されてきました。ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領)が選んだ次世代医療としても知られています。

がんや糖尿病、高血圧といったあらゆる慢性的な病気に対し、そもそもの発症原因に着目し、できるだけ治療薬に頼ることなく予防と根本治療を目指す、個体差を考慮した新しい医療の形と言えます。

■機能性医学の定義(機能性医学の教科書より)
Functional Medicine is personalized medicine for complex chronic disease that focuses on primary prevention and treatments designed to address underlying causes instead of simply symptom suppression
機能性医学とは、発症メカニズムが複雑である慢性疾患に対して、対症療法に終始するのではなく、発症原因に着目しながら、その予防と根本治療を目指す、個体差を考慮した医学である。

機能性医学の公式サイト

The Institute for Functional Medicine

https://www.functionalmedicine.org/

現代の医療は「対症療法」が中心です。新薬が開発されるたびに新しい病気が生まれているとさえ言われています。

機能性医学(Functional Medicine)は、現代医療のアンチテーゼとして生まれた考え方。1990年にアメリカのジェフリー・ブランド(Jeffrey Bland)博士によって提唱された「基礎科学と臨床医学を融合した、慢性疾患の治療モデル」です。翌年に米国で機能性医学会が設立され、その後、多くの学者に支持、研究されてきました。ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領)が選んだ次世代医療としても知られています。

がんや糖尿病、高血圧といったあらゆる慢性的な病気に対し、そもそもの発症原因に着目し、できるだけ治療薬に頼ることなく予防と根本治療を目指す、個体差を考慮した新しい医療の形と言えます。

機能性医学、健康のための5つの要素

健康を支えるもの

5つのライフスタイル要素は、本人の努力で改善することができます。病気は医者が治すのではなく、患者本人が治すものであるというのが機能性医学の考え方です。

■機能性医学の定義(機能性医学の教科書より)
Functional Medicine is personalized medicine for complex chronic disease that focuses on primary prevention and treatments designed to address underlying causes instead of simply symptom suppression
機能性医学とは、発症メカニズムが複雑である慢性疾患に対して、対症療法に終始するのではなく、発症原因に着目しながら、その予防と根本治療を目指す、個体差を考慮した医学である。

機能性医学の公式サイト

The Institute for Functional Medicine

https://www.functionalmedicine.org/